親湯温泉。

開湯400年とも1200年とも言われる温泉。

戦国時代には、武田信玄公が隠し湯として利用。
大正、昭和には多くの文人が温泉保養で利用。

戦時中には帝国海軍の傷病院として負傷した兵士の療養施設。

そして、当時あった温泉プールには諏訪県内中の小学生がプールを利用。
さらにオリンピック選手が温泉プールで練習など。
親湯温泉の歴史は古く、多くの方々に愛された温泉と言って良いでしょう。

これから、具体的に親湯温泉の歴史を紐解きながらご紹介させて頂きます。




人馬一体という言葉があるように昔は、馬も温泉につかり、人間と一緒に旅の疲れを癒していたようです。
温泉の後は宴会をし、夜になるとまた馬に乗り帰路につきました。



大正から昭和にかけて、高原の澄んだ空気や豊かな自然を求めて、保養所や別荘の開発が進み、温泉保養地としてだけでなく、高原リゾートとしても知られるようになりました。



昔は、馬が歩くことでしか訪ねられなかった親湯温泉。
道路の整備と共に路線バスが運行され、人々の足となりました。



高浜虚子や伊藤左千夫を始めとした多くの歌人に愛され歌も詠まれました。




ビーナスライン沿いの蓼科湖まで車の渋滞が出来るほどのにぎわいでした。
戦後まもない頃に、全国でも珍しい、温泉プールとして「フジヤマのトビウオ」古橋廣之進さん等の、多くの水泳選手の練習の場となりました。
当時の温泉プールはありませんが、周りの森や渡り廊下などは当時のまま。
豊かな効能と共に今に続いています。