文字サイズ:
s-library 大切な人と、何度でも訪れたくなる場所。

恋愛小説「たてしなの」イメージ映像

三島由紀夫賞を受賞した鈴木清剛氏による、蓼科と親湯を舞台にした恋愛小説。
2泊の温泉旅に出たカップルの瑞々しい恋愛が描かれています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

鈴木 清剛(すずき せいごう)

1970年5月11日、神奈川県出身。文化服装学院卒業。
コム・デ・ギャルソン企画生産部、文化服装学院専任助手教員を経て、
1997年、「ラジオデイズ」で第34回文藝賞を受賞し小説家デビュー。
1999年、『ロックンロールミシン』で第12回三島由紀夫賞受賞。
2002年、『ロックンロールミシン』が行定勲によって映画化された。

主な著書に『男の子女の子』(河出書房新社)、『ハーイ! デイズナイト』(河出書房新社)、
『消滅飛行機雲』(新潮社)などがある。

たてしなの の画像